松川と、いたち川の合流点の水門案(松川の水位安定と、いたち川の逆流防止。そして、環水公園への舟運)について考えてみました。(2018年12月24日、少し修正しました)

【前提条件】

1)松川は上流の磯部の水門(松川水門)でゼロカットできるものとする。
(実際には、神通川の水位が飛騨地方の豪雨などで上昇すると、松川上流からの水を神通川へ放水できなくなり、松川水門を開けざるを得ない)

2)松川の途中からの水の流入は少ないものとする(実際には、松川橋下流右岸、七軒町排水ポンプ場、助作川、三仏川、桜橋上流右岸の旧火防線、松川雨水貯留管からの排水[舟橋下流左岸、助作川合流点のすぐそば、富山市役所向かい?]、その他小さな配管からの流入がある)。

3)赤江川との合流点から、松川との合流点まで、いたち川浚渫して河床勾配を減らし、舟の運航を可能にしたものとする。

4)合流点から環水公園横までの間を運航中のゲリラ豪雨による、いたち川の増水に対応するため(当然、県美術館横のラバーダムも倒れ、流速が高まると予想される)、途中に船の退避場(お客さんにはそこで降りてもらう)を設けるものとする。

5)生態系への配慮(魚道など)、景観上の配慮を行なうものとする。

【免責事項】

このプランはあくまでも個人の妄想に基づいております。一つのたたき台としてご笑覧ください。(ただし、デザインはグッドラックに所属します。シェアは自由です。なお、地図は、AppleMapを使用しています)
東横堀川水門の動画を見ていて思いつきました。