富山城(富山市郷土博物館)

富山城は、昭和29年に戦災復興事業の完了を機に開催された、富山産業大博覧会の記念建築物として建設されました。平成17年11月、中世以来の富山城の歴史を紹介する博物館としてリニューアルオープン。また、建設から50年目にあたる平成16年には、富山市のシンボルとして、戦災復興期を代表する建築物として、国の登録有形文化財に登録されています。

富山城

 

城址公園内にある富山藩2代藩主・前田正甫公の銅像

越中富山の薬売り「売薬さん」を広めたお殿様です。江戸城腹痛事件が有名ですね。

富山藩2代藩主 前田正甫(まさとし)公の銅像

正甫公についての説明板

 

日本庭園(2015年完成)

富山城址公園の日本庭園で富山城をのぞむ

富山城址公園の日本庭園の滝

 

千歳御殿の正門

富山藩(加賀藩の支藩)の隠居したお殿様の御殿にあった門です。
「東大の赤門」(旧加賀屋敷御守殿門)と同一の建築様式です。

千歳御殿の正門

chitose-gomon-kaisetsu

chitose-gomon-place

 

船橋常夜灯(左岸側、右岸側)

北陸街道が旧神通川を渡るため、小型の木舟を並べてその上に板を渡した船橋が架けられていました。人々や馬は、この船橋をわたって、富山城下に入りました。この船橋の両岸には常夜灯が置かれ、一晩中明かりが灯されていました。夜道の安全のための道しるべでした。現在でも、寛政11年(1799年)に富山町の町年寄・内山権左衛門逸経により寄進された2基の常夜灯が、富山市舟橋北町4丁目4-18(左岸側。富山県森林水産会館前)と、富山市丸の内1丁目1-4地先(右岸側。舟橋たもと)に残されています。
詳しくは、こちら

 

松川べり彫刻公園

松川べり彫刻公園の案内図

松川べり彫刻公園の銅像

 

越中万葉の歌碑・歌石板

manyo-kahi-400

 

富山市役所展望塔

地上70mから360度の大パノラマを楽しめます。
晴れた日には、立山連峰ものぞめます!(立山あおぐ特等席に指定)
入場無料!もちろん、土日祝日もOK!
詳しくは、こちら



 

富山県庁本館

富山城本丸跡にあった旧県庁舎が1930年(昭和5年)の火災により焼失したため、1935年(昭和10年)に、神通川廃川地に建設されました。国会議事堂を設計した大蔵省営繕管財局工務部長の大熊喜邦の指導(設計顧問)のもと、招聘された臨時県庁舎建築課長で営繕技師の増田八郎が工事監督をおこないました。2015年(平成27年)、国登録有形文化財に登録されました。
詳しくは、こちら

 

🎁おまけ

松川の上流へ歩いて行くと、こんな美しいところもあるよ!

松川の上流の美しい景色