国土交通省の「かわまちづくり支援制度」

~良好なまち空間と水辺空間の形成~
観光などの活性化に繋がる景観・歴史・文化等の河川が有する地域の魅力という「資源」や地域の創意としての「知恵」を活かし、地方公共団体や地元住民との連携の下で立案された、実現性の高い河川や水辺の整備・利活用計画による、良好なまちと水辺が融合した空間形成の円滑な推進を図ります

平成28年2月に実施要綱が改定されています。詳細はこちら

「かわまちづくり」ホームページは、こちら

「かわまちづくり」支援制度実施要綱

[ポイント]
第4  推進主体  河川管理者と連携して「かわまちづくり」を推進する主体は、次の各号のいずれかに該当するものとする。
1.市町村
2.市町村及び民間事業者
3.市町村を構成員に含む法人格のない協議会

★参考事例
乙川リバーフロント地区かわまちづくり(愛知県岡崎市)


民間企業等の河川敷地占用許可期間の延長及び相談窓口「かわよろず」の開設について
〜民間企業等への河川空間の開放を促進します〜
国土交通省は6月2日より、民間企業等がオープンカフェ等を用いて河川敷地を占用する
 場合の許可期間を、現行の「3年以内」から「10年以内」へと延長します。
  併せて、丁寧な対応を図るため、民間企業等の方々にも気軽にご利用いただける「かわま
 ちづくりよろず相談窓口(略称:かわよろず)」を、水管理・国土保全局内に開設します。
  これらの取組により、民間企業等への河川空間の開放を促進し、民間の資金やノウハウを
より積極的に活用した水辺空間づくりを進めていきます。


河川を活かしたまちづくりに関する検討 ~ 中間とりまとめ ~
平成13年11月 (財)リバーフロント整備センター


市民・企業・行政が三位一体で水辺を変える!
それが、ミズベリング・プロジェクト!

ミズベリング・プロジェクト アドバイザー
藤井政人
(国土交通省 総合政策局事業統括調整官)


断面構成からみた河川と市街地のつながりに関する研究 -大阪市・「水の回廊」を事例として-
大阪市立大学大学院 都市系専攻 修士論文概要集


水辺とまちのソーシャルデザイン
(公財)リバーフロント研究所


地域に根ざした川づくり・まちづくりの取り組みについて
(公財)リバーフロント研究所